弁護士への交通事故相談

交通事故は、不意に加害者にも被害者にもなる可能性があります。被害に遭った場合は、被害状況によっても肉体的・精神的苦痛の度合いが異なります。しかしいずれにしても、待ったなしで始まるのが加害者との示談交渉です。示談とならず、調停や裁判になるケースもありますが、被害者が苦痛を軽減させる方法として慰謝料の請求をすることができます。

慰謝料には、法律の他にも関連機関によって定められた条件があります。加害者側としてみれば、少しでも慰謝料を少なくしたいところです。また、関連する機関としては、事務的な手続きとなりますから、慰謝料の算定基準をどこに持ってくるかで金額が違ってくることもあります。弁護士に相談しておくと、慰謝料の増額、妥当な慰謝料の請求交渉が可能になってきます。

慰謝料の請求額は、加害者側が交渉してくる場合もあれば、被害者側が提示することもあるでしょう。どちらの場合でも、交通事故の被害に遭ったショックから抜けきれない状態でいるときに、被害者が示談交渉に乗るのには無理があります。示談交渉はすんなりとまとまるとは限りませんし、交渉が決裂すれば裁判になる可能性も出てきます。示談交渉をスムーズにまとめてくれるのも、弁護士に相談してこそです。

弁護士に交通事故被害の慰謝料請求を相談するタイミングは、いつがよいのでしょうか。少しでも早く、というのが答えですが、状況が許さない場合もあります。入院となったとき、加害者から示談交渉を持ち込まれてとまどってしまったとき、調停や裁判となったときなど、弁護士に相談するどころではないと思うかもしれません。それでも、あきらめずに弁護士に相談することが、問題の有利な解決につながります。