慰謝料の増額が可能

もし交通事故の被害に遭ったとき、支払われる慰謝料にもさまざまな種類があります。慰謝料の種類は、大きく分けて傷害慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の3つです。ただでさえ慰謝料の請求はどのようにすればよいか知らないのに、慰謝料の種類によっても請求できる条件や項目が違うとなれば、素人にはお手上げです。そもそも、交通事故被害に遭ったことでショックを受けている側にとって、弁護士に相談をすることが何よりの頼りになります。

慰謝料の請求には、関連機関が定めた条件をクリアすることが必要です。法律で決まっているような慰謝料もありますが、何を基準に計算するかによって慰謝料の算定額が異なる場合もあります。そんなとき、相談しておくと大きな力となってくれるのが弁護士です。面倒な手続きを代行してくれるだけでなく、慰謝料の増額すら可能性が出てくるのです。

弁護士に慰謝料に関する相談をすれば、必ずしも慰謝料が増額するというわけではありません。増額の可能性は限りなくあったとしても、もっと大切なのは支払われる慰謝料が妥当かどうかということです。その意味でも、弁護士に相談すれば、妥当な慰謝料の支払いに向けて交渉や手続きを進めてもらえます。