Monthly Archives: 3月 2017

弁護士への相談時機

弁護士に交通事故被害の慰謝料の請求を相談するとなったら、いつ相談するかのタイミングも気になってきます。すぐに専門家に相談したいと思っても、何らかの手続きを経てからでないと弁護士に相談できる時期が来ないと思っている方もいるかもしれません。あるいは、弁護士に相談すべき時機について、皆目見当がつかないといった方もいるでしょう。

交通事故の慰謝料に関しては、加害者側が加入している保険会社も素早く動き始めます。少しでも少ない保険料で慰謝料を支払うように交渉される場合もありますから、弁護士に相談する以前に保険会社との交渉が成立してしまうことだけは避けたほうがよいでしょう。交通事故の被害に遭ったことでショックを受けている間にも、さまざまな手続きが進められていきます。冷静に有利な交渉をしてくれる弁護士に、いち早く相談しておくことが、被害から早く立ち直ることにもつながるはずです。

交通事故に遭って入院したなどのケースでは、弁護士を探すどころではありません。その際は、治療を待って示談の交渉開始となることもありますから、それまでには弁護士を探して相談をしておくとよいでしょう。加害者との調停や裁判になってしまった場合でも、あきらめずに弁護士に相談すれば、加害者に有利で自分に不利な結果になってしまうことを防げます。

示談交渉が上手くいく

交通事故被害に遭ったら、示談にするか裁判するかという選択肢が出てきます。ほとんどの場合、加害者側が示談を希望して被害者側も決断を迫られます。加害者がどんなに高い慰謝料を提示したとしても、後遺症が残ったり死亡してしまったりしたケースでは、示談に乗り切れない精神的苦痛が残るはずです。そのようなときでも、弁護士に相談することで示談交渉をまとめてもらえます。

特に、被害者に後遺症が残ったり、死亡となったりしたケースでは、精神的な苦痛は計り知れないものです。とはいえ、妥当な金額の慰謝料を自分で提示するというのはさらなる苦痛を生みます。弁護士は、被害者の苦痛も考慮して示談交渉を進めてくれますから安心です。一度でも示談が成立してしまえば、同じ損害にはもう請求ができなくなるため、慎重に示談交渉をしなければなりません。

必要な主張をしておかないと、不利な条件で示談が成立してしまうことになります。そのため、主張の漏れをなくすためにも弁護士の力が欠かせません。それが妥当な金額ということで、さらに優秀な弁護士に相談しておけば、慰謝料の増額も可能になってくるのです。弁護士にはそれぞれ専門がありますから、交通事故被害の慰謝料に関する相談で実績を出している弁護士にあたってみることをおすすめします。

慰謝料の増額が可能

もし交通事故の被害に遭ったとき、支払われる慰謝料にもさまざまな種類があります。慰謝料の種類は、大きく分けて傷害慰謝料・後遺障害慰謝料・死亡慰謝料の3つです。ただでさえ慰謝料の請求はどのようにすればよいか知らないのに、慰謝料の種類によっても請求できる条件や項目が違うとなれば、素人にはお手上げです。そもそも、交通事故被害に遭ったことでショックを受けている側にとって、弁護士に相談をすることが何よりの頼りになります。

慰謝料の請求には、関連機関が定めた条件をクリアすることが必要です。法律で決まっているような慰謝料もありますが、何を基準に計算するかによって慰謝料の算定額が異なる場合もあります。そんなとき、相談しておくと大きな力となってくれるのが弁護士です。面倒な手続きを代行してくれるだけでなく、慰謝料の増額すら可能性が出てくるのです。

弁護士に慰謝料に関する相談をすれば、必ずしも慰謝料が増額するというわけではありません。増額の可能性は限りなくあったとしても、もっと大切なのは支払われる慰謝料が妥当かどうかということです。その意味でも、弁護士に相談すれば、妥当な慰謝料の支払いに向けて交渉や手続きを進めてもらえます。

弁護士への交通事故相談

交通事故は、不意に加害者にも被害者にもなる可能性があります。被害に遭った場合は、被害状況によっても肉体的・精神的苦痛の度合いが異なります。しかしいずれにしても、待ったなしで始まるのが加害者との示談交渉です。示談とならず、調停や裁判になるケースもありますが、被害者が苦痛を軽減させる方法として慰謝料の請求をすることができます。

慰謝料には、法律の他にも関連機関によって定められた条件があります。加害者側としてみれば、少しでも慰謝料を少なくしたいところです。また、関連する機関としては、事務的な手続きとなりますから、慰謝料の算定基準をどこに持ってくるかで金額が違ってくることもあります。弁護士に相談しておくと、慰謝料の増額、妥当な慰謝料の請求交渉が可能になってきます。

慰謝料の請求額は、加害者側が交渉してくる場合もあれば、被害者側が提示することもあるでしょう。どちらの場合でも、交通事故の被害に遭ったショックから抜けきれない状態でいるときに、被害者が示談交渉に乗るのには無理があります。示談交渉はすんなりとまとまるとは限りませんし、交渉が決裂すれば裁判になる可能性も出てきます。示談交渉をスムーズにまとめてくれるのも、弁護士に相談してこそです。

弁護士に交通事故被害の慰謝料請求を相談するタイミングは、いつがよいのでしょうか。少しでも早く、というのが答えですが、状況が許さない場合もあります。入院となったとき、加害者から示談交渉を持ち込まれてとまどってしまったとき、調停や裁判となったときなど、弁護士に相談するどころではないと思うかもしれません。それでも、あきらめずに弁護士に相談することが、問題の有利な解決につながります。