弁護士への相談時機

弁護士に交通事故被害の慰謝料の請求を相談するとなったら、いつ相談するかのタイミングも気になってきます。すぐに専門家に相談したいと思っても、何らかの手続きを経てからでないと弁護士に相談できる時期が来ないと思っている方もいるかもしれません。あるいは、弁護士に相談すべき時機について、皆目見当がつかないといった方もいるでしょう。

交通事故の慰謝料に関しては、加害者側が加入している保険会社も素早く動き始めます。少しでも少ない保険料で慰謝料を支払うように交渉される場合もありますから、弁護士に相談する以前に保険会社との交渉が成立してしまうことだけは避けたほうがよいでしょう。交通事故の被害に遭ったことでショックを受けている間にも、さまざまな手続きが進められていきます。冷静に有利な交渉をしてくれる弁護士に、いち早く相談しておくことが、被害から早く立ち直ることにもつながるはずです。

交通事故に遭って入院したなどのケースでは、弁護士を探すどころではありません。その際は、治療を待って示談の交渉開始となることもありますから、それまでには弁護士を探して相談をしておくとよいでしょう。加害者との調停や裁判になってしまった場合でも、あきらめずに弁護士に相談すれば、加害者に有利で自分に不利な結果になってしまうことを防げます。